会社概要
お問合わせ
採用情報
アクセス
取扱製品
業務内容
HOME
ブレイン ぶれいん ロゴ ろご 株式会社 ブレーン ぶれーん

Mainstream 3D CAD System

Solid Edge

広範囲な製品開発支援ソリューション


SolidEdge Solution




シンクロナス・テクノロジ

CADの操作にとらわれず、アイディアをスピーディーに具現化


ヒストリーモデリング+ノンヒストリモデリング


コンセプト

現在主流の「ヒストリー」タイプには「操作が複雑」「計算時間がかかる」「モデルが壊れやすい」という欠点があります。また、その対極にある「ノン・ヒストリー」CADにも「パラメトリック」や「自動化」に弱いという欠点が。
そこで、シーメンスが目指したのは、両者の“良いとこ取り”です。



主な機能

1. ライブ断面:3Dモデルを断面から編集

ライブ断面 イメージ

内部構造を瞬時に2次元化し、外から見えない部分を確認しながら、図面を修正する感覚で3Dモデルの編集ができます。
任意の断面だけを表示して3Dモデルの編集が可能



2. シンクロナス変換:いざという時に心強いノンヒストリー化


シンクロナス変換 イメージ

・ マーク(エラーフィーチャ)が多発してモデルが崩壊成
・ モデルをシンクロナス化してエラーを回避



モデルの完成間近なのに寸法を変更するとモデルが壊れてしまう… 
そんな時でも Solid Edgeならばモデルをノンヒストリ化しダイレクト編集による即時対応が可能です。
しかも、アセンブリ内の位置拘束や図面との連想性はそのまま維持されます。



3. 設計意図の自動認識:特徴・関係を瞬間認識

自動・瞬間認識 イメージ

片側の円筒面を移動すると、同軸の他の円筒面も自動的に追従

モデルの幾何的な特徴を瞬時に把握し、編集作業中にそれを維持するシーメンス独自の最先端技術です。
設計者は複雑なCADの操作を意識する事なく設計業務に集中できます。




デザイン/設計


1. サーフェス:先進的なサーフェスツール群


サーフェスモデル イメージ

Rapid Blue と呼ばれる独自のサーフェステクノロジで、ダイナミックなフィードバックを得ながら、望みどおりの
サーフェスを作成できます。充実した機能で面の仕上がりも詳細にチェック。コンシューマ製品の意匠設計に最適です。
G1, G2連続のカーブおよび曲面作成がサポートされます。



2. 樹脂部品フィーチャ:圧倒的な効率化を実現する専用フィーチャ


樹脂部品フィーチャ イメージ


分かり易いGUIでパラメータ入力もスムーズ

樹脂部品で使われる、ボス、リブ、放熱用ベントなど専用フィーチャを用意。特にボスやベントでは必要なパラメータを
設定するだけで、スケッチレスで簡単に形状作成でき、設計作業を飛躍的に効率化します。


3. 構想設計:上流設計をサポートする専用ツール

 ① バーチャルコンポーネント


構想設計 イメージ

空ファイルの組み上げはもう不要、バーチャルなので構成変更も思いのまま

モデルのない状態での構想設計をサポート。実体のない「バーチャル・コンポーネント」で部品構成を検討し、
構成が固まっ てきたら部品ファイル へ実体化。2次元のレ イアウトと既存の3次 元モデルを組み合わせ た検討も可能です。


 ② トップダウンアプローチ:設計志向のアプローチをサポート

トップダウンアプローチ イメージ


バラした各ボディのアセンブリ化も自動

全体の形状を一塊で作成してから各部品にバラしていく「トップダウンアプローチ」も、
マルチボディ機能で強力にサポート。自由な発想で設計できます。


 ③ Goal Seek:最適化設計支援ツール

設計者が電卓をたたく代わりにSolid Edgeが計算ー

Goal Seek イメージ


例えば、「タンクに液体を100リッター入れた時の液面高さを300㎜にしたい。」という設計目標に対しタンクの主要寸法を自動的に変化させ、液面高さを自動的に求めることで、モデルを最適に修正します。2次元スケッチにも適用でき構想設計等で威力を発揮します。


4. 流用設計:流用設計はまさにシンクロナス・テクノロジーの独壇場!

 社内資産の有効活用

設計資産を有効活用する「流用設計」はコストダウンの要の一つ。
実績のある部品やユニットの一部を変更して使用したいという要望は日々聞かれます。
しかし、作成履歴を重視したCADでは思いのとおりの編集は大変。作り直したほうが早い、という声もよく聞きます。
Solid Edgeなら、たとえ履歴モデルでも、瞬時にシンクロナスに変換。圧倒的な速さで編集作業ができます。

  ① 社内資産の有効活用

・外部データに対するパラメトリック編集も可能
・外部データに対するパターン数変更


外部データのパラメトリック編集 イメージ

他のCADで作成されたデータでも自由に編集できます。後付け寸法によるパラメトリック編集や、設計意図の維持機能などが威力を発揮。円筒形状は穴フィーチャとして認識でき、パターン認識もサポートされておりますので、外部から取り込んだモデルのパターン数を簡単に変更できます。

  ② Create 3D:2D からの3D 移行支援

・モデルを再拘束しなくてもパラメトリック編集が可能


再拘束なしでパラメトリック編集 イメージ

既存の2次元図面をセミオートで3次元化します。
しかも、図面の寸法は3次元のパラメトリック寸法に自動変換され、設計意図通りに編集が行えます。



  ③ ストレッチ編集:2D感覚の3D編集


フェンスで囲んでドラッグするだけで複数部品を一括編集

ドラッグ選択で一括編集 イメージ

2次元CADでは当たり前のストレッチ。「フェンスで囲って伸ばす操作」を3次元で実現。
複数部品にまたがる編集も、もちろん可能です。




5. 定型パーツ:多くの便利ツールが膨大な反復作業から設計者を解放


標準部品ライブラリ イメージ

① 標準部品ライブラリ
Machinery Library:
ボルト、ナット、座金、鋼材等の機械要素を提供するライブラリです。自動締め具配置機能やフレームモジュールと連動し、規格部品の配置効率を飛躍的に高めます。JIS, ISO, ANSI, GB, DIN, GOST, KS, UNI, 等をサポート。
Piping Library:
配管や継手部品のライブラリで、主に XpresRoute と連動して使用されます。

② エンジニアリファレンス:一般機械要素の自動設計ツール

自動設計 イメージ

パラメータを入力するだけで、歯車、軸、カム、ラック&ピニオンなどを自動生成します。また部品の生成前にその安全性、妥当性を見極めるための簡易的なチェック機能も付随しています。JIS規格を始めISO, ANSI, DIN規格をサポートします。

③ カタログパーツ:部品サプライヤー連携

カタログパーツ イメージ


WEB経由で世界各国の部品サプライヤーから3次元モデルを無償でダウンロードできるサービスです。
購入品を自分でモデリングする必要はもうありません。Solid Edge のネイティブと Parasolidの2種類のデータ形式を
選べます(バージョンの指定も可能)クラス最高のパフォーマンス。



6. 大規模アセンブリ:圧倒的なグラフィックパフォーマンスで大規模アセンブリも楽々


大規模アセンブリ イメージ

クラス最高のパフォーマンス

表示データだけを使うライトウェイト機能や単純化機能など大規模アセンブリをハンドリングするための様々な機能が用意されています。グラフィックの基本性能も進化を続けています。5万部品以上を扱うお客様の事例もあり、実績に裏打ちされたハイパフォーマンスです。


7. 図面機能

図面機能 イメージ

3次元CADの業界において常にトップクラスの評価を得ている図面モジュールです。図面体裁に厳しい日本のお客様からの数多くのリクエストを実現しており、実務で鍛え上げられた機能とパフォーマンスを誇ります。回路図などを作成するためのダイアグラム機能やAuto CAD互換のブロック機能、スケッチに最適な解を求めさせるゴールシーク等、2次元作図機能も充実しています。

8. 設計データ管理:単純なCADデータ管理からPLMまで適材適所なサポート!

 ① Solid Edge データ管理:標準装備の簡易CADデータ管理社内資産の有効活用

SolidEdgeデータ管理 イメージ

Solid Edge専用のデータ管理ツールで、データベース無しで手軽に導入でき、特別なIT知識がなくても、リビジョン管理、リリース管理、自動採番、ファイル単位の排他処理等、基本的なCADデータの管理が行えます。またアセンブリを開いたままで更新可能なパーツのみを差分更新したり、チェックアウト中のパーツはツリー上で別の色で表示されるなど、基本的なチーム設計を支援する 機能も備わっています。他にも Windows インデックス 機能の活用によるプロパティ属性も含めた高速検索や似 たような名前、部品番号、形状等を持つ類似ファイルを 検出しアセンブリ全体の整合性を維持 するチェック機能等が装備されています。

 ② Teamcenter Integration for Solid Edge:
            世界シェアトップのPLM製品, Teamcenterとのインターフェース



Teamcenterとのインターフェース イメージ

PLMツールのデファクトスタンダードと言っても過言のない、シーメンスのフラッグシップ製品TeamcenterにSolid Edgeを完全統合。普段のSolid Edgeの画面からそのまま高度なデータ管理機能にアクセスでき、 CADユーザーに違和感を感じさせません。またTeamcenterとのインターフェースを担うこの製品はSolid Edge本体に組み込まれており別途インストールの手間もかかりません。


次世代設計支援ツール

1. ジェネレーティブデザイン:条件を満たす設計案を自動生成

ジェネレーティブデザイン モデルイメージ

位相最適化とも呼ばれるこの機能は与えられた条件(設計領域、材質、荷重、拘束等)を満たす最適な形状を自動生成します。開発初期 段階のたたき台や斬新なアプローチが求められるケース でのアイディア提案に力を発揮。今までなかったまったく新し い発想で設計者のインスピレーションを誘発し、既存部品の軽量化にも適用できます。また従来ジェネレーティブデザインの結果はCADで編集できないファセットモデルとなる事が問題でしたがシーメンス独自のコンバージェントモデリングがこれを解消。ファセットモデルに対するCAD編集を実現しました。


2. リバースエンジニアリング:多彩なファセットハンドリング機能

リバースエンジニアリング イメージ

3Dスキャナ等から取り込んだファセットデータに対してクリーンナップ、ジオメトリ認識/変換、フェースステッチ機能等を使い 高精度CADデータ(B-Repモデル)を生成でき、現物から3Dの設計データを起こせます。またコンバージェントモデリングにより、ファセットボディを直接CADコマンドで編集でき、アセンブリや図面環境への流用も実現。スムージングメッシュやフェースの自動トリムなど多彩なファセット/サーフェス編集機能を提供します。


3. コンバージェントモデリング:Parasolidカーネルがもたらすパラダイムシフト



コンバージェントモデリング イメージ


多くの3D CADはB-Repを扱いますがファセットはデータ構造が異なるためインポートしても表示されるだけで「CADではファセットの編集はできない」が当たり前になっていました。しかしParasolidカーネルの機能拡張がもたらす“コンバージェントモデリング”はこの制約を打ち破り、ファセットボディに対する編集を実現しました。フィーチャの追加、パラメトリック編集、ブーリアン演算等がサポートされファセットをシームレスに扱えます。



シミュレーション(CAE・CFD): 高信頼の解析で品質向上とコストダウンを両立


1. Simulation Express/Simply Motion:DDMのサブセット版 :簡易解析ツール

① 構造解析

構造解析 イメージ


単品パーツの応力と固有値解析ができる簡易解析ツールです。簡易版とはいえ、ソルバには信頼性の高いNX Nastranを
採用。レポートの自動作成やアニメーション出力などもサポートされています。


② 機構解析

機構解析 イメージ

簡易機構解析を標準装備。アセンブリの拘束条件がそのまま機構解析のジョイント定義に移行され、簡単に動きをチェックすることができます。勿論、動的な干渉チェックにも対応しています。( * Design Simulation Technology社Dynamic Designer Motionのサブセット版です。)Solid Edge Simulation との連携も可能です。


2. Solid Edge Simulation:高機能設計者 CAE ツール


SolidEdge Simulation イメージ


設計者が日常的に必要とする、強度・座屈・固有値・過渡熱伝達・形状最適化の各種解析を網羅。ソルバにはNX Nastran、プリポストにはFemapと、実績あるSiemensの解析技術が盛り込まれています。シェル要素やビーム要素のサポートで幅広い用途にも対応。Solid Edgeの形状単純化機能を使えば、オリジナルのモデルはそのままにしておきながら解析用のモデルも短時間で作成可能です。またマルチCPU対応による高速化と、64Bit 対応ソルバの採用によりメモリ使用量の実質的な無制限化を実現。Femap形式のデータ出力にも対応しており、スケーラブルな解析ソリューションを提供します。


3. Solid Edge Flow Simulation:熱流体解析を完全統合

SolidEdge Flow Simulation イメージ



使いやすさで定評のある熱流体ソフト“FloEFD”をSolid Edgeに完全統合。Solid Edgeのアセンブリ構成(ファミリ)とFloEFDの解析プロジェクトが連動しますので複数の設計プランを熱流体解析の視点から簡単に比較/評価できます。
難しいと思われがちな熱流体ですがウィザードベースの前処理、高性能な自動メッシュ(SmartCell ™ )、
収束性の高いソルバ等がユーザーを強力にサポート。またLED, Electronics Cooling, HAVC, EDA Bridge, Advanced 等のオプション製品も完備しており拡張性も十分です。シームレスな操作環境が設計/解析のサイクルを円滑化しCFDの
フロントローディングを実現します。



便利ツール


1. 3D 印刷:3Dプリンタへの素早い出力


3D印刷 イメージ

Solid Edgeのメニューから[3D 印刷]を選択するだけで素早くプレビュー画面が表示され出力サイズや姿勢の確認が行えます。またWindows OS に標準装備されている3D Builder にボタン1つでモデルを転送でき、サポートの追加等出力の前準備を効率的に行えます。出力形式はSTLと3MFが選択でき、変換精度や各種属性情報の設定も可能。ジェネレーティブデザインから生成された有機的なモデル形状の出力にも最適です。


2. データ変換:多彩な対応フォーマット


データ変換 イメージ

モデルのチェック機能や自動ヒーリング機能も搭載


データ変換は主要なデータ形式を網羅。特にSolidWorksのデータは穴フィーチャやアセンブリ拘束の属性まで取りこみ可能です。データ交換に必須のエラーチェックや自動ヒーリング機能も搭載しています。
2D 入/出力: DWG, DXF, IGES
2D 出力: PDF, sev (2D 画像出力: bmp, jpg, tif, emf)
3D 入/出力: Parasolid, ACIS, IGES, STEP, JT, XML, STL, IFC, CATIA V4/V5
3D 入力: NX, I-deas, Creo, SolidWorks, Inventor,
3D 出力: XGL, 3D PDF, u3d, bip, sev, VRML, 3MF認


SolidEdgeCAMPro


ワールドワイドで圧倒的な運用実績を持つ製造業向け複合アプリケーション「SolidEdgeCAMPro」。
これに含まれるCAM機能のみをスタンドアロンで使用可能としたソフトウエアが ”CAM Express” です。
NXのCAM機能がそのままSolidEdgeCAMになりました。SolidEdgeCAM(NXCAM)として実績に裏打ちされた高い信頼性を誇る加工手法により、製造現場におけるいかなる要望にも柔軟に対応できます。


・2~2.5軸加工機能
・3軸加工機能
・自動工程作成ウィザード(Feature Based Machining)
・5軸加工機能
・旋削加工機能
・ポストプロセッサー作成用アプリケーションに

SolidEdgeCAM詳細がこちら

SolidEdge CAMPRO 機能



お問い合わせ先はこちら

SolidEdgeに関する詳細はこちら


次世代設計
支援ツール

便利ツール

Solidedge CAM




株式会社ブレイン



福岡県北九州市小倉北区米町2-2-1 新小倉ビル本館3F
3Dモデリング・構造解析
他社とのパートナー関係
セミナー情報
設計・開発
その他

実例・プロジェクト

会社概要

取扱製品

ご挨拶
沿革
会社概要
企業方針
各種 教育支援
リバースエンジニアリング
設計・開発・組立て・試作
ソフトウェア
ハードウェア

業務内容

© 2012 BRAIN Co.,Ltd. All rights reserved.
お問合わせ
会社概要
取扱製品
業務内容
サイトマップ
|
|
|
|
ブレイン ぶれいん ロゴ ろご 株式会社 ブレーン

デザイン設計

シミュレーション
(CAE)

|
|
|
|
|
|

シンクロナス
テクノロジー