本文へスキップ
株式会社ブレインは日本のものづくりを元気にする会社です

IT導入補助金

IT導入補助金とは
中小企業・小規模事業者様が、自社の課題やニーズに合ったITツールの導入にかかる経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートします。また昨今のコロナ感染症への対策に取り組む事業者様を支援するために令和2年度からは低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)が追加されました

↓  補助金申請には審査があります。詳しくはIT導入補助金公式サイトをご確認ください。

IT導入補助金2021に関する詳細はこちら

補助対象製品
 

 【シーメンス NX】
設計から製造、解析まで、製品開発のプロセスをトータルにサポートする統合型ハイエンドCAD/CAE/CAMです。自動車、航空宇宙、精密機器、家電をはじめ、幅広い分野で使用されています。
構想設計から生産、管理までの製品開発業務を一貫し強力に支援します。

【シーメンス SolidEdge】
設計から製造、解析まで、製品開発のプロセスをトータルにサポートする統合型ミッドレンジCAD/CAE/CAMです。
ノンヒストリ型CADのスピードと柔軟で直感的な編集機能、ヒストリ型CADのパラメトリック設計と履歴管理機能、この両方を兼ね備えています。Solid Edge が提供するシンクロナステクノロジーを活用すれば、IGESやSTEP、Parasolidデータなどから取り込んだ外部データも、Solid Edgeで作成したモデルと同じように編集や加工が可能です。Solid Edgeは優れたコアテクノロジーをベースに構想設計から詳細設計に至る、あらゆる設計ステージで活用でき、シーメンスNXと同じ高性能なCAM機能とCAEを兼ね備えたミッドレンジ最高のCAD/CAM/CAEシステムです。

【シーメンス Teamcenter】
プロダクト(製品)ライフサイクルの各プロセス、CAD、CAE、CAM、Electronic CAD、ドキュメント、図面、スプレッドシート、OFFICEなど業務に関わる全てのデータを一元管理、これらをを明確に紐付けることによりデザイン、製品設計、CAE、製造データの取り込み、管理、同期を容易に行うことを可能にします。そしてNX、SolidEdge、SolidWorks、CATIA、Inventer、CREOなどマルチCAD管理が可能なPLMシステムです。

製品ライフサイクル管理(PLM)Teamcenterは、世界中で最も利用され、製品開発業務の期間短縮と品質向上を実現します。

補助対象者(中小企業・小規模事業者様)

 製造業の場合、資本金(資本の額又は出資の総額)3億円以下、従業員 常勤 300人以下の規模が対象になります。

補助対象経費
 
ソフトウェア製品、クラウドサービス利用費、コンサルティング、技術支援、教育等.. 導入関連経費などが補助金の対象となります。
低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)は上記に加えハードウェアレンタル費等が対象となります。
  

補助金の上限額・下限額・補助率
 
    通常枠  低感染リスクビジネス枠
 A類型  B類型  C類型-1  C類型-2  D類型
 補助率 1/2以内  2/3以内  
 上限額・下限額  30~150万円未満  150~450万円以下  30~300万円未満  300~450万円以下  30~150万円以下
 

スケジュール
 
3次締切分 締切日 9月30日(木)17:00 交付決定日 10月29日(金)(予定)
4次締切分 締切日 11月中予定 交付決定日 12月中予定

A類型 B類型
 ソフトウェア・クラウド利用料(1年分)・導入関連費用(ハードウェアは対象外です)
C類型(-1、-2) D類型
 ソフトウェア・クラウド利用料(1年分)・導入関連費用、ソフトウェアの利用に必要不可欠なハードウェアレンタル費用と関連するオプション・技術関連費用

(注1)申請手続きに時間を要すため、弊社の締め切りがIT補助金ホームページ記載の締め切り日より早まる場合があります。
(注2)C・D類型のみ2021年1月8日以降に申し込みや契約行為が行われたものも対象となります。(A・B類型は対象外)
(注3)ハードウェアレンタルはPCのみで、レンタル期間が1年以内のものが対象となります。

スケジュールに関する詳細はこちら
 
 
通常枠(A・B類型)

 IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。
 
低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)

 低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)は、新型コロナウイルス感染症の流行くが継続している中で、ポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けて、労働生産性の向上とともに感染リスクに繋がる業務上での対人接触の機会を低減するような業務形態の非対面化に取り組む中小企業・小規模事業者等に対して、通常枠(A・B類型)よりも補助率を引き上げて優先的に支援するものです。

※ 複数のプロセス間で情報連携し複数プロセスの非対面化や業務の更なる効率化を可能とするために必要なIT投資(対象:C類型)
※ テレワーク環境の整備に資するクラウド環境に対応し、複数プロセスの非対面化を可能とするために必要なIT投資(対象:D類型)
 
IT導入補助金の申請を検討しているお客様へ


事業概要やスケジュール、申請・手続きフローなど、詳しくは以下のIT導入補助金公式サイトからご確認ください。

IT導入補助金 事業の概要詳細こちらをクリック

IT導入補助金 申請・手続きフローに関する詳細はこちらをクリック



ブレイン問い合わせホームへのアクセスはこちら....